NEW
 NEW
HOME > HEAT20とは?

HEAT20とはHEAT20が目指すもの活動紹介ブレーン正会員賛助会員| 
深刻化の一途を辿る地球温暖化とエネルギー問題 。
その対策のために「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」が2009年に発足しました。 HEAT20はその略称であり、呼称です。
HEAT20は長期的視点に立ち、住宅における更なる省エネルギー化をはかるため、断熱などの建築的対応技術に着目し、住宅の熱的シェルターの高性能化と居住者の健康維持と快適性向上のための先進的技術開発、評価手法、そして断熱化された住宅の普及啓蒙を目的とした団体です。
メンバーは研究者、住宅・建材生産者団体の有志によって構成されています。

HEAT20とはHEAT20が目指すもの活動紹介ブレーン正会員賛助会員| 
HEAT20とはHEAT20が目指すもの活動紹介ブレーン正会員賛助会員| 

HEAT20とはHEAT20が目指すもの活動紹介ブレーン正会員賛助会員| 

2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会
委員長 (国研)建築研究所 理事長 坂本雄三


熱的に優れた建築外皮は、建物に健康的な熱環境と省エネルギーをもたらすことが明らかになっています。「熱的に優れた」をもっと噛み砕いて言えば、断熱性、放熱性、日射遮蔽性、日射取得性、蓄熱性などになるのでしょうか。

理想を言えば、建築外皮の熱性能は状況に応じて変化することがベストでしょう。たとえば、外気も室内も寒ければ断熱性が高まったり、室内が暑く外が涼しいのなら放熱性が高まったり、更に、外も内も暑ければ「汗」をかいたりするのが、理想でしょうか。

 しかし、そんな夢想をしなくても、現実にリーズナブルな価格でかなり理想に近い、高い熱性能の外皮を入手することは、今や可能になっています(まだ「汗」をかくことはできませんが)。”Heat20”では、このような現実と現状を踏まえ、少しでも理想に近づくような情報発信をしていきたいと思っています。

 現在、日本はCO2削減や節電という大きな課題を抱えています。政府のエネルギー環境会議の提案では、日本のエネルギー消費は、2030年までに2010年比で20%、削減することになっています。この20%削減をどのような方法で達成するのか、細部は不明です。しかし、住宅・建築の省エネ化(つまり、省エネ基準の義務化)が有力手法の一つとして提案されています。とくに、既存建物の改修も含め、住宅や小規模建築の高断熱化は必須であり、国民的課題であると言えます。このような国民的な課題に対して”Heat20”は大いに奮闘したいと考えています。


幹 事 (地独)北海道立総合研究機構 建築研究本部 本部長 兼 北方建築総合研究所 所長
 地球環境問題と3.11の痛ましい教訓から学んだエネルギーの安全保障、「豊かさ」を求めてきた暮らしや少子超高齢社会の到来など・・・、それらに対して「日本のすまい」はどう対応していくべきか、それが今、われわれに試されており、改めて真剣に取り組むべき時期に来ています。
 日本は、四季の変化に富む豊かな気候と、変化に対応する柔軟な知恵・工夫、そして極めて優秀な技術力に恵まれた資源大国であり、それらを十分に活用することが、必ずや、課題解決へと導いてくれるはずです。
有限のエネルギー資源を次代に継ぐためには、今後、住まいにおいて、建築的手法と設備技術のベストミックス化は欠かすことはできません。また、住まいが「一世代限りの耐久消費財」から「多世代の使用に耐え得るストック」に転換すべき時期に来ていることに議論の余地はないでしょう。
一方で、住宅寿命にはるか及ばない設備機器は20年前後で更新され、そのたびに高性能化していくことも可能ですが、「建築的手法=断熱・日射遮蔽・日射取得・通風性能」は、そう簡単に性能向上することはできません。
「HEAT20」は、次代を見据え、主として住まいを構成する基盤技術である建築的手法のイノベーションを目指す取り組みです。
建築的手法ができること、そして次への提案・・
「HEAT20」から発信し、「日本の住まい」に貢献していきたいと考えています。

幹 事 近畿大学 建築学部長・教授 岩前篤

 1961年和歌山市に生まれる。80年に県立桐蔭高校を卒業後、神戸大学に進学、86年に大学院を修了して住宅メーカー研究所に所属する。95年、神戸大にて博士号授与。卒業研究から一貫して、住宅の省エネと結露防止の技術開発・評価に携わり、2003年に近畿大学に転属、2011年の建築学部創設と共に初代学部長就任、今に致る。

<コメント>本HEAT20では、これからの日本の住宅に非常に重要となる躯体の有り方について様々な立場・角度から学術的検討を行い、幸せで良質な住宅の普及促進のお手伝いをしたいと思っています。

HEAT20とはHEAT20が目指すもの活動紹介ブレーン正会員賛助会員| 
参加団体・企業
<正会員>
(社)プレハブ建築協会(社)日本木造住宅産業協会三井ホーム(株)
硝子繊維協会ロックウール工業会押出発泡ポリスチレン工業会
発泡スチロール協会ウレタンフォーム工業会フェノールフォーム協会
(株)ポラス暮し科学研究所(株)アライ板硝子協会
(一社)日本サッシ協会日本セルローズファイバー工業会エクセルシャノン社
株式会社LIXIL(株)FPコーポレーション(株)インテグラル

HEAT20とはHEAT20が目指すもの活動紹介ブレーン正会員賛助会員| 

<賛助会員>(申込順)
 会社名

1 エコワークス株式会社
〒812-0878 福岡市博多区竹丘町1-5-32

2 株式会社 アセットフォー
〒179-0081 東京都練馬区北町2-13-11

3 株式会社 島野工務店
〒329-0207 栃木県小山市美しが丘3-20-3

4 ヤマト住建株式会社
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通5-1-14

5 株式会社プレースホーム
〒842-0006 佐賀県神埼市神埼町枝ケ里331-1

6 株式会社石井輝一商店 水戸営業所(ティーズライフデザイン)
〒310-0902 茨城県水戸市渡里町2930-3

7 株式会社 松下孝建設
〒891-0108 鹿児島県鹿児島市中山1-14-29

8 アイ・ホーム株式会社
〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂3569-7

9 株式会社 大工産
〒675-0117 兵庫県加古川市平岡町一色西1-278-1

10 松栄建設株式会社
〒919-0411 福井県坂井市春江町藤鷲塚40-29

11 さくらホーム株式会社
〒779-0225 徳島県鳴門市大麻町桧字中山田13-52

12 ナイスホーム株式会社
〒230-0011 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-33-1

13 株式会社 近藤建設興業
〒700-0017 岡山県岡山市北区伊島北町1-3



HEAT20とはHEAT20が目指すもの活動紹介ブレーン正会員賛助会員| 

コンサルタント (株)砂川建築環境研究所

事務局 (一財)建築環境・省エネルギー機構内



HEAT20技術紹介




(社)日本木造住宅産業協会 硝子繊維協会
HEAT20