一般社団法人 20年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会

一般社団法人 HEAT20

HEAT20 住宅水準「住宅システム認証」

 戸建住宅の適切な高断熱化の推進・普及のため、「HEAT20 G1~G3 水準」の住宅シナリオに適合する住宅システムの認証を行います。 HEAT20の「住宅シナリオ」とは、住宅において「環境の質を表す室温(ノンエナジーベネフィット:NEB)」と「省エネルギー(エナジーベネフィット:EB)」を両立させて実現することであり、HEAT20 研究会の目標の一つです。
 すなわち、住宅システム認証では、基準に相当するものは「住宅シナリオ」であり、UA値で表したHEAT20水準は地域区分の代表都市における外皮性能値です。
 住宅システム認証では、外皮性能地域補正ツール(ルート1)、又は熱負荷計算プログラム(ルート2)を用いて住宅シナリオの評価計算を行うと共に、気密性・防露性の確保、遮熱・通風、暖冷房・換気方式についての説明をもとめ、適切な高断熱・省エネ住宅であることを認証します。

※なお、このような HEAT20 が標榜する趣意については、当社団発行の「HEAT20 設計ガイドブック|2021」で詳しく説明されているので、ご一読されることをお勧めいたします。

 また、本認証は、個々の邸別住宅ではなく、「住宅システム」として、モデルプランを用いて、断熱等の仕様や適用地域を申請いただき、それが一定の水準であることを認証するものです。認証取得後は、申請いただいた内容に適合する住宅全てを、HEAT20 の「認証住宅」と称することができます。

HEAT20_システム認証HP図案

ご注意

  本認証は、この申請で示された内容に従って企画された住宅システムが一定の水準であることを証するもので、建設された個々の住宅の性能を保証するものではありません。

1.申請者:住宅供給に関係する企業・団体・個人(住宅事業者、設計者など)
2.認証の対象:申請者が設計または供給し、命名した住宅システム
3.申請方法、申請費用
  「住宅システム認証」の実施要領、申請事務要領をよくお読みになり、申請を行ってください。
4.受付
 受付開始:令和4年3月17日
 申請書送付先:
    一般社団法人 20 年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会 システム認証事務局
   メールアドレス:ninsyo@heat20.jp
5.申請の準備から認証を取得するまでの流れ


6.HEAT20 住宅システム認証取得者一覧
HEAT20住宅システム認証取得者一覧.pdf

 

□HEAT20「住宅システム認証」実施要領資料1HEAT20 住宅システム認証 実施要領20220729.pdf
 住宅システム認証の目的、概要等について説明しています。
□HEAT20「住宅システム認証」申請事務要領資料2HEAT20 住宅システム認証 申請事務要領20220731.pdf
 申請に関する手順、書類等について説明しています。
□申請書HEAT20 住宅システム認証 申請書(Ver.3.2).xlsx
 申請書記入例を参考にして、必要事項を記入してください。
□申請書記入例申請書記入例(Ver.3.2).pdf
□認証書イメージ認証書イメージ
□計算地点選定リスト計算地点選定リスト220704.xlsx
 住宅シナリオを評価計算する地点を選定するために使用します。申請する地域の中で最も暖房負荷の大きな地点を選択します。
□HEAT20住宅システム認証_計算モデル面積表HEAT20住宅システム認証_計算モデル面積表20220509.pdf
 UA値を計算する場合はこの面積表の部位の面積を用いて計算してください。
□認証制度の説明動画動画のサイトに移動
 住宅システム認証制度、評価方法等について解説した動画を公開しています。
□住宅シナリオ評価ツール

 評価方法

 ルート1:外皮水準地域補正ツール
 ルート2:ホームズ君省エネ診断エキスパート

・ホームズ君省エネ診断エキスパートには「住宅シナリオ計算書出力機能」があります。
   また、「体験版」をこちらから使用することができます。
  「体験版」では、省エネ基準の各地域の代表地点で評価計算を試すことができます。
・「ホームズ君」をお持ちでない方は、申請時に システム認証事務局に計算を依頼することができます。
・HEAT20 会員は特別価格で購入できます。会員専用ページをご覧ください。

AE-Sim/Heat(建築環境ソリューションズ)